物事は下準備が大事 ~ ミニ職業体験 ~

皆様こんにちは。マインドエイドユーザーのYです。
今回は、「ミニ職業体験」として、所長が話をする研修会に同行しました。
「上司の部下役」という設定です。気合が入ります!

会場に着き、所長が名刺の交換をしているのを見ていると、私のほうにも名刺が・・・!
丁重に受け取り、しっかり顔と名前を覚えました。
「これであってるかな、失礼なことしてないかな」と内心ドギマギ。
予定では、最後列でひっそり講演を聴く予定だったのですが、
「こちらでどうぞ!」というスタッフさんの一言で、なんと最前列へ。特等席だー!

今回の主な訓練内容としては、会場への経路の事前確認やスライドの誤字脱字等の修正を行いました。会場では、こういうとき何をするのかわからなかったので、記録のため録音などしてみましたが・・・。
何をしたら正解だったのか、もっと経験しないとわからないものですね。

無事会議が終わり、帰路につく頃にはヘロヘロ。思いのほか緊張していたみたいです。
とても貴重な体験でした。

研修会の概要
「令和元年 第1回 阪神北圏域就労支援合同連絡会議」
主催: 社会福祉法人 いたみ杉の子 阪神北障害者就業・生活支援センター
日時: 令和元年 10月17日(木) 14:00~16:00
場所: 東リいたみホール
テーマ:支援現場から考える「ひきこもり」の課題 こころのケアから就労支援へ